20代、30代ニートが転職エージェントで就職できるまで

履歴書を書くイメージ

筆者も、20代前半にニートをしていたことがあります。約1年近く1歩も外に出ずにひきこもり、ようやく外出したのが深夜のコンビニでした。その後、IT技術を身に着け今に至ります。

ニートになるには色々な事情があるわけですが、これを読んでいるあなたは、すでに1歩前に進んでいます。このまま進んで心機一転しましょう!

この記事では、20代、30代のニートが就職を成功させるための情報をご紹介しています。

ニートこそ転職エージェントを利用する

ニートを経験すると、気持ち的にもなかなか就活へ動き出しづらいものです。

  • 社会人経験がない
  • バイトを含め労働経験がない
  • 経験はあるが空白期間がかなりある

どれをとっても、就活面でプラスであるとは言い難いのが実情です。
どうしても負い目を感じて、自信を失ってしまいがちです。

そこで利用したいのが転職エージェント』です。

転職エージェントは無料で使える「転職代理人サービス」。
あなたの代理人として、あなたに合った求人を紹介してくれます。

まず、あなたが持っているスキルや希望の職種、条件などを伝えます。
するとエージェントが求人を探してくれます。

採用されるのための履歴書の書き方やアピール方法などのアドバイスもくれるので、面接や採用の確率が高くなります。

ニートが転職エージェントを利用すべき理由

電話面談中の転職エージェント

正直なところ、ニートとしての空白期間があると、マイナススタートであることは歪めません。すんなり転職とはいかない事が多いです。

ではなぜ転職エージェントを使うのか?

まずは自分の市場価値を知ること

転職エージェントを利用していただきたいのは、最初に第三者目線であなたの現状を知っていただきたいからです。

今現状のあなたのスキルや経験で面接してくれそうな企業はあるのか?
それはどんな職種なのか? 採用の可能性はどうなのか?などです。

転職エージェントを利用することで、あなたにどんな可能性があるか、どんなところが具体的にマイナスなのかを知れるということです。

これが自分で企業を探して応募する『転職サイト』の場合、面接までいったとして、あなた自身が気が付かないまま面接官に失礼と思われる態度を取っていたり、本人はやる気があるのに第三者から見ると「やる気」が感じられなかったり・・・という可能性も大いにあるのです。

そして、それを指摘してくれる人が誰もいないため、就職が決まらないまま時間だけが過ぎていくことに成りかねません。

紹介を受けられなくても気にしない

一口にニートといっても、高学歴ニートなのか、過去の職歴や持っているスキルなどでサポートの有無を判断されます。つまり紹介を断られる場合もあります。

メンタル面を考えると、断られる前提で相談したほうが良いかも知れません。ダメだったとしても、現状の立ち位置を知れた事がプラスなので、まったく気にしなくて大丈夫です。

転職エージェントとの面談まで進めた場合は、後はサポートしてくれますので、投げ出さずに採用までの道のりをクリアしていきましょう。

ニートが就活までにすべきこと

どれくらいの空白期間かによりますが、生活習慣が乱れている場合は、それを正していくことが大事です。

清潔感あるスーツ姿の20代

生活習慣を規則正しく整える

ニートとして気ままに過ごしてきた期間が長いと、昼夜逆転していたりして生活習慣が乱れている事もあると思います。

社会人として働くとなると、朝起きて夜寝るという生活リズムを作っておく必要があります。

せっかく面談・面接まで進んでも、「昼夜逆転」が直っていないと、「あ〜もう眠いし面倒だしイイや・・・」と成りかねません。
精神的にも堕落してきてしまうので、まずここをクリアして行きましょう。

規則正しい生活リズムを続けていくと、精神的にも「やる気」が回復してきます。

面談前には身だしなみを整える

転職エージェントとの面談も、その先の面接もそうですが、基本的には1発勝負です。
初対面で不潔な印象を残せば、採用までの道は厳しくなってしまいます。

髪型を整え、ヒゲがあれば剃っておきましょう。
出来れば目ヤニや鼻毛などもケアし、匂いにも気を使えればベストです。

エージェントとの面談はスーツじゃなくても大丈夫ですが、清潔感のある格好で良い印象を与えたいところです。

転職エージェントは複数登録が基本

転職エージェントの基本は3、4つのサービスに登録して数を打ち、アドバイスを多くもらうことと、求人の幅を広げることです。

とはいえ、いきなり複数のエージェントとやり取りするのも難しいです。まずは慣れるためのリハビリとして、1つの転職エージェントサービスに絞って登録してみましょう。

ニートの採用で重視されるのはスキルや経験よりも年齢です。

あなたが20代の場合

おすすめは『ハタラクティブ』という転職エージェントです。

ハタラクティブ

ハタラクティブのLP画像公式サイトを見るカウント用
ハタラクティブの特徴
  • 20代のフリーター、ニートへのサポートが厚い
  • 未経験の第二新卒の正社員入社に強い

ハタラクティブは内定率80%以上の実績を誇り、未経験の若手求人を多く扱っている転職サイトです。経験の浅い20代を対象者としていて、フリーターやニートの正社員求人に強いです。

また、履歴書の添削や面接対応などのサポートも頼りになります。
はじめての正社員、就職を希望される方はぜひ登録してみてください。

あなたが30代の場合

おすすめは『リクルートエージェント』という転職エージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントのLP画像公式サイトを見るカウント用
リクルートエージェントの特徴
  • 求人数・転職支援実績で業界トップ
  • ノウハウ豊富で面接対策レベルが高い

業界最大手のリクルートエージェント。求人数でも他を圧倒しています。
ノウハウも豊富なので履歴書などの書類から実面接対策までどの業界にも対応してもらえます。

はじめての正社員、または久しぶりに働くなどの場合は、キャリアアドバイザーにお任せしてもいいかも知れません。

転職エージェントを利用する流れ

転職エージェントの利用経験がある方はいいのですが、初めて利用する方は不安に感じることもあると思います。全体の流れを把握しておきましょう。

転職エージェント利用までの流れ

1.転職エージェントサービスに登録する

リクルートやパソナなど、転職エージェント、派遣サイトなど複数運営しているところもあります。間違って派遣サイトや類似の転職サービスに登録してしまわないよう注意しましょう。

下の項目「ニートにおすすめできる転職エージェント」の項目で紹介中にリンクから移動すると、間違わずスムーズにご登録いただけます。

アピールできる情報をとにかく登録

登録時の入力フォームでは、これまでの仕事の経験などを入力する場所があります。

担当業務の他、実績があれば入力します。
アルバイト経験などで構わないので、リーダーやサブリーダーの立場だったことや、上司やお客さんに褒められた、喜ばれたことなどを実績として記入しておきます。

使い回しできるように、先にパソコンかスマホのメモ帳に入力しておきましょう。フォームにはコピーして貼り付けます。

2.担当エージェントから連絡が入る

数日中に、担当のエージェントから電話かメールで連絡が入ります。

時期や求人の状況によりますが、エージェントが登録情報を見て、「この人は採用されるのが難しい」と判断されれば、残念ながらお断りメールで落とされてしまいます。

「面談を行いたい」という返事なら、聞かれることは主に下記にような内容です。

  • 空白期間や過去の仕事経験の確認
  • 転職を希望する時期
  • 希望の業界、仕事
  • アピールできるスキル
  • 就職活動のきっかけ、やる気の有無

希望の年収に関しては、「ニート」という状況なので、電話では聞かれない可能性が高いです。(メールの場合は定形文なので書く欄があったりしますが)

特に問題がなければ、面談日程を調整します。

3.担当エージェントと面談する

企業への紹介になりますから、エージェントは実際に登録者と話して、紹介しても問題ない人かを確認します。

従来であれば登録者が転職エージェントの会社やで面談したりするのですが、現状は原則として電話かオンライン(ビデオ通話)での面談になっています。

面談内容は基本的に、連絡時と同じ内容に加え、ニートをしていた理由やこれからどういう仕事をして行きたいか、という話になると思います。

ここではとにかく『やる気』があるんだ、ということを伝えなくてはなりません。口下手であれば、「やる気はあるのですが、伝え方に自信がないのでアドバイスをください」と正直にいってみましょう。

面談は基本、1回で終わります。

4.転職エージェントから求人を紹介される

エージェント手持ちの求人から、あなたに合いそうな求人を数件〜数十件紹介してくれます。

ニート歴があっても、以下の業界は採用されやすい、おすすめ職種です。

  • 介護業界
  • 製造業界
  • 配送業界
  • 飲食業界

慢性的に人手不足かつ技術や資格取得などが不要なので、自分に合っているかどうかというところだと思います。(配送業に関しては免許必須)

これらの業界では、過去に何らかのアルバイト経験があれば、コミュニケーションを含めて役立つ事があるはずです。

5.履歴書や職務経歴書をエージェントが添削し、求人に応募する

行ってみたい企業を決めたら、履歴書と職務経歴書を作ります。
エージェントがノウハウを駆使して内容を添削してくれるため、一人で書くよりも強力な履歴書、職務経歴書に仕上がるはずです。

6.紹介企業に応募する

履歴書、経歴書が出来たら、担当エージェントの推薦文付きで企業に応募してもらえます。

転職サイトで見つけた求人に、自分で応募しても誰か推薦文を書いてくれるわけではないので、企業の採用担当者とも面識がある転職エージェント経由は、圧倒的に有利です。

7.面接対策を受ける

当日、面接官がどのような質問をしてくるか?それに対してどう答えるか。あなたのアピールポイントを交えてエージェントがアドバイスをくれます。

ニート歴が長いと、面接の場は緊張のMAX状態かもしれませんが、アドバイスを活かしつつ、面接官とただ会話することを心がけましょう。

覚えたことを間違えず言おうとして、緊張で頭が真っ白になり言葉が出てこなくなるケースは多いです。3、4個ポイントとなる単語だけ覚えておくのもおすすめです。

8.現地で面接を受ける

面接日時は担当エージェントが調整をおこなってくれます。

身だしなみを整えて、遅れずに面接に望みましょう。

経験が浅いと自分の良さも出せず、不採用になってしまうことが多いです。
出来るだけ気を楽にしてみてください。

残念ながら面接に落ちてしまった場合でも、諦めずチャレンジすることです。
エージェントが不採用の理由を聞いている場合もあるため、どの辺りがダメだったか聞いていたら教えてもらってください。次の面接に生かしましょう。

9.内定と入社まで

企業から内定が出た後は、担当エージェントが入社の段取りを組んでくれます。大事な給料交渉も責任を持って行ってくれます。

転職エージェントはなぜ無料なのか?

転職エージェントは、あなたの採用を決める事ができれば、求人企業からあなたの年収の30%前後の手数料が紹介料として入ります。そのため無料で利用できますし、頑張って就活を後押ししてくれるんです。

また、入社後すぐに退職されてしまうと、エージェントに報酬が入りません。
通常の転職組でも入社直後はいろいろと心労があるもの。ニート歴がある人は尚更です。気になることがあれば、担当エージェントに相談してみましょう。

ニートにおすすめできる転職エージェント

転職エージェントを利用し、流れが把握できたら後は数が勝負です。
『転職エージェントサービス』ごとに、持っている求人の種類や数が違います。

一般的には3、4の転職エージェントに登録し、就活の幅と数を広げます。

担当のエージェントにも様々なタイプの人がいるため、自分と相性が良さそうな人を見つけるのも良いです。

基本、ニートには大きな武器となるものがないので、面接には落ちるものだと思って、場数や質問の返しの精度を高めて経験値を積んでいきましょう。

下記は、ニートの就活にも強い20代、30代別のおすすめ転職エージェントです。

ジェイック

JAIC(ジェイック)

JAIC(ジェイック)のLP画像公式サイトを見るカウント用
JAIC(ジェイック)の特徴
  • 求人数・転職支援実績で業界トップ
  • ノウハウ豊富で面接対策レベルが高い

DYM就職

DYM就職の特徴
  • 書類選考スキップで面接までが近い
  • 相談からの就職成功率は96%

正直なところ、「就職成功率は96%」はなかなか出ない数字ですし、ニート経験者やフリーターなど正社員経験の無さが自信のなさにもつながり、半ば強引に決まっているところはあると思います。

とはいえ、企業とのパイプも太く、エージェントも優秀という事の裏付けでもあります。

経験を積む上でエージェントに身を任せるのもありです。30代だとチャンスは逃しづらいですから、エージェントによく相談して決めましょう。